ブログ

メディア掲載情報

▼TV・映像

Kinki Kidsのブンブブーン「東京ならではの専門店を教えてほしい!」
■番組名 :Kinki Kidsのブンブブーン
■放送局 :フジテレビ
■出演者 : 堂本剛、堂本光一、かまいたち
■放送日時 :2019年5月18日

TOKYO EYE 2020「Tokyo Gets Renovated!
■番組名 :TOKYO EYE 2020
■放送局 :NHK world
■出演者 : Felicia Gonzalez, Chris Peppler
■放送日時 :2019年1月16日

ニノさん「ニノさんを知らない人」
■番組名 :ニノさん
■放送局 :日本テレビ
■出演者 : 二宮和也、後藤輝基、IKKO、中島健人、みちょぱ
■放送日時 :2018年12月09日

鳥海浩輔・前野智昭の大人のトリセツ「ゲストに花江夏樹を迎えた大人のたしなみ」
■番組名 :鳥海浩輔・前野智昭の大人のトリセツ
■放送局 :TOKYO MX
■出演者 : 鳥海浩輔、前野智昭、花江夏樹
■放送日時 :2018年06月27日

マジかよDEEP ZONE「専門店巡り」
■番組名 :マジかよ
■放送局 :千葉テレビ
■出演者 : ZAKI、岡田怜志
■放送日時 :2018年06月02日

吉田類の酒場放浪記「曳舟」
■番組名 :吉田類の酒場放浪記
■放送局 :BS-TBS
■出演者 : 吉田類
■放送日時 :2018年04月09日

モヤモヤさまぁ〜ず2「曳舟周辺」
■番組名 :モヤモヤさまぁ〜ず2
■放送局 :テレビ東京
■出演者 : さまぁ~ず、小栗旬、福田典子
■放送日時 :2017年07月16日

U-KISSの手あたりしだい!「スヒョン&ジュンのこの世界は厳しい世界」
■番組名 :U-KISSの手あたりしだい!
■放送局 :ミュージック・ジャパンTV
■出演者 : スヒョン&ジュン
■放送日時 :2017年06月11日ほか

ヒルナンデス!「下町レトロ商店街の人気NO.1探し!」
■番組名 :ヒルナンデス!
■放送局 :日本テレビ
■出演者 : りゅうちぇる、河北麻友子ほか
■放送日時 :2016年12月16日

ぶらぶらサタデー「有吉くんの正直さんぽ 昭和の町並みが残る東向島・曳舟さんぽ下町グルメを堪能」
■番組名 :ぶらぶらサタデー
■放送局 :日本テレビ
■出演者 : 有吉弘行、生野陽子ほか
■放送日時 :2016年10月29日

シューイチ「まじ☆すか 専門店特集/万華鏡&仮面」
■番組名 :シューイチ
■放送局 :日本テレビ
■出演者 : 中山秀征、片瀬那奈、中丸雄一ほか
■放送日時 :2016年9月4日

ぶらり途中下車の旅「東京メトロ 半蔵門線」
■番組名 :ぶらり途中下車の旅
■放送局 :日本テレビ
■出演者 : 坂崎幸之助
■放送日時 :2016年8月6日

墨田区広報番組 ウィークリーすみだ
■番組名 :ウィークリーすみだ
■放送局 :J:COMチャンネル
■出演者 : 太田聖子
■放送日時 :〃

もっとセレクション~台東・すみだ~
■番組名 :もっとセレクション~台東・すみだ~
■放送局 :J:COMチャンネル
■出演者 : 井上沙織、あきげん(石井元気、秋山良人)、マーク☆スタディー
■放送日時 :〃

▼ラジオ

薬師丸ひろ子「ハート・デリバリー」
■番組名 :「薬師丸ひろ子 ハート・デリバリー」
■放送局 :ニッポン放送
■放送日時 :2018年12月23日

The Dave Fromm Show「嘉衛門 presents The Road~Take The One Less Traveled #121」
■番組名 :The Dave Fromm Show
■放送局 :Inter FM897
■放送日時 :2017年7月13日・7月20日

おかえりなさい「FMえどがわディープ探検隊」
■番組名 :おかえりなさい
■放送局 :FMえどがわ
■放送日時 :2017年6月2日

福井健二 グッモニ「グッモニ文化部エンタメいまのうち」
■番組名 :福井健二 グッモニ
■放送局 :文化放送
■放送日時 :2017年1月12日

「街角ステーション 噂を求めてどこまでも」
■番組名 :ザ・ボイス
■放送局 :ニッポン放送
■放送日時 :2016年7月12日

MUSIC WIRE「ディープなトビラ」
■番組名 :MUSIC WIRE
■放送局 :FM-FUJI
■放送日時 :2016年6月24日

▼新聞・雑誌・紙媒体

SWAG HOMMES(2019 SPRING/SUMMER ISSUE8)
「THE NEW ERA」

東京人(2019年6月号)
「家具や調度品たちの第二の人生」

POPEYE(2019年5月号)
「TOKYO ’19 DON’T JUST STAY, ISORO!」

TV Bros.(2019年2月号)
「片桐仁の『 おしえて 何故なら しりたがりだから 』」

Forbes JAPAN(2018年8月号)
「ゼロの価値を再発見![無のチャンス]」

EYESCREAM(2017年1月号)
「UNNECESSARY BUT GOOD THINGS.」

建築とまちづくり No.458(2016年12月号)
「今日の家族をどう見るか──解く鍵は地域の中に」

マンスリーとーぶ(2016年11月号)
「新・駅前そぞろ歩記 One day スケッチ」

FINEBOYS(2016年11月号)
「堂本剛 気ままなオフ・スタイル 宇宙人に逢いたい 言葉の”枠”を取り払い本質に意識を向ける」

家庭画報(2016年11月号)
「エディターズレポート」

Numero Tokyo(2016年11月号)101
「現代ファッションにおける仮面の役割とは」

Time Out TOKYO
「67 Things to do in Asakusa Sumida」3rd edition

JAPAN TIMES(Vol.58 NO.7)
日経MJ(2017年1月1日)
茨城新聞(2016年8月23日)
埼玉新聞(2016年7月23日)
信濃毎日新聞(2016年7月7日)
中國新聞(2016年6月29日)
北國新聞(2016年6月29日)
山梨日日新聞(2016年6月27日)
デーリー東北
ほか。

▼ネット記事・その他

ねとらぼ
21世紀に仮面を売ってやっていけるのか 仮面専門店「仮面屋おもて」が東京にオープン、店主の意図は

ジモコロ
東京喰種にも登場! 本当の自分を呼び起こす「仮面」の世界

BASE Mag.
国内初?仮面、マスクの専門店「仮面屋おもて」の個性的で衝撃的な仮面

exciteニュース
お尻につけるマスクもある!仮面専門店の品々が常識を揺さぶる

ちくわ。
おそらく日本にただ1軒! 仮面・マスク専門店「仮面屋おもて」はオンリーワンな不思議空間。

Time Out TOKYO
東京、ベストショップ100

JAPAN TIMES
Nagaya nostalgia: The long and the short of Tokyo’s famed ‘row houses’

PLAYTOKYO(movie)
Behind the Mask

2019-05-07 | Posted in MediaNo Comments » 

 

lantanaquamara 『ネオンテトラ追放』

2019-03-26 | Posted in WorksComments Closed 

 

LNoL 『EQUANIMITY (Poetry:RHYME)』

2019-02-23 | Posted in WorksComments Closed 

 

映画『天国でまた会おう』


映画『天国でまた会おう』公式タイアップとして、コラボレーション企画に弊店がご協力しております。

原作・脚本ピエール・ルメートル、脚本・監督・出演アルベール・デュポンテル。2018年のセザール賞13部門でノミネートされ、 脚色賞や監督賞など5部門で受賞した意欲作。

期間限定で日比谷シャンテ2F、3Fに仮面作家柴田景子による装飾美術を催すほか、朝日カルチャーセンター新宿教室での仮面作家白ふくろう舎によるワークショップ開催、TOKYO MASK FESTIVAL公式Twitterの仮装上映会ご招待キャンペーンなど、さまざまなコラボレーションを行っております。

仮面屋おもての大川原脩平による推薦コメントも掲載。

公式サイト
http://tengoku-movie.com/

タイアップ特設ページ
http://tengoku-movie.com/tie-up/

2019-02-09 | Posted in Media, WorksComments Closed 

 

【協力掲載】高田馬場能面教室


仮面屋おもてで能面のお取り扱いをしている能面作家、倉林朗の能面教室のご紹介です。

高田馬場からほど近いアトリエで、毎週金・土・日の午前/午後、各4時間の能面教室を開講しております。(隔週のコースごとで月二回の受講)

十分な時間と充実した指導を設けるため、定員を5名程度に絞っています。
面をはじめて打つ方も、よい作品が手元に残るような指導を受けられます。

能面製作にご興味のあるかたは、ぜひ受講をご検討ください。

※倉林朗の作品は仮面屋おもてで観覧・購入が可能です。

 

 

入会金
20,000円(小面の型紙と材木込み)

料金
8,000円(一回4時間受講料)
一回決済で受講前に支払い。

面完成期間
おおよそ20回~24回
最初は小面、二面目からは希望の面を打つ。

彫刻刀
「彫刻刀を斡旋しますがお持ちの刀があるようでしたらそちらをお使い下さい、足りない刀を増やしていただければと思います。また、私が指導するときには受講生の彫刻刀で指導しますので、彫刻刀が上手く切れないようでしたら、刀の研ぎ方も指導します。」

場所
東京都新宿区高田馬場2-7-19 タピオラマンション303号

お問い合わせ
080-5678-1736

2019-02-03 | Posted in Art mask studioNo Comments » 

 

図書室開設のお知らせ・資料収集ご協力のお願い。


仮面屋おもてでは、事業の一部として仮面の研究を行っています。
また、仮面に関する書籍の、分野をまたいだ収集をしております。

収集した書籍の一部は、仮面屋おもての店頭で閲覧することが可能です。

蔵書タイトルの一部を下記にて確認することができます。
https://librize.com/maskshopomote
※図書室開設サービス「リブライズ」を使用しております。

舞台・美術・文学・伝統芸能・民俗学・精神病理など、あらゆるジャンルを横断し、幅広い分野において収集/研究を行っております。

仮面屋おもてでは、仮面に関する情報を、ある一部の学問分野に収束することのない、非常に裾野の広い概念と認識しております。

例えば、

・顔をテーマにした文学作品。
・仮面の使用や、化粧が特徴的な地方習俗の記録。
・ヘッドピース、フェイスジュエリーの写真集。
・人格の社会的変容に関する研究書。
・仮面を効果的に使用した映像作品。

このような書籍・映像・資料をお持ちでしたら、仮面屋おもてにどうぞご寄贈ください。

また、作品の一部などに散見される、取りこぼしがちな仮面に関する記述を見つけましたら、ぜひ該当箇所も併せてお知らせください。

今後の研究活動に参考させていただきます。

お問い合わせ

2019-02-02 | Posted in Shop information, WorksComments Closed 

 

仮面・マスクのオーダーメイドのご依頼について

▼×アーティスト

仮面屋おもては、主として現代の作家が制作した仮面を扱う専門店です。アーティストの個性を尊重し、作家としての活動に齟齬が生じない範囲で、ご要望の仮面を製作するお手伝いをしております。

料金のご参考
・飾り面:¥200,000~
・装着用仮面:¥300,000~

弊店でお取り扱いの作家に関してはこちらをご覧ください。また、世界中の仮面作家との取引がございますので、ご要望のイメージなどがあればどうぞお気軽にお尋ねください。オーダーに対応していない作家や、条件によりお引き受けできない場合もありますので、予めご了承ください。

製作には、概ねご注文から3か月程度いただいております。

なお、製作中に、ご確認や打ち合わせのため都内のスタジオまで足をお運びいただく必要がたびたびございます。ご確認のスケジュールが組めないときなどは製作をお断りすることがあります。

ご注意点
・お申し込み確定後の製作キャンセルは代金の全額をお支払いいただきます。
・ご注文代金は分割でのお支払いはできません。

また、すでにオリジナルのデザイン画がある場合や、「このようなものを製作してほしい」といったフルオーダーメイドに関しては、以下をご参照ください。

 

▼フルオーダー

ご自身のイメージするオリジナルな仮面、マスクを製作したいというご希望の場合のプランです。なお、こちらは法人のみのご対応となっております

広告、映像、舞台、インスタレーション、ファッションショー、その他あらゆる現場において、仮面の使用をご検討の際はお気軽にご相談ください。

料金
案件によりお見積り

デザイン自体からご相談のうえ提案することも可能です。仮面の製作にはまとまったお時間が必要ですので、期間に余裕をもってご相談ください。

また、案件ベースで法人同士の利益が見込めると判断される場合、オーダー以外のご対応も提案させていただいております。アートディレクションや、仮面、マスクに関するコンサルティングなども承っております。

ご注意点
・大幅なデザイン変更や、製作途中での修正には追加料金がかかる場合があります。
・ご注文のデザインの権利をお持ちでない方からのご依頼はお受けしかねます。
・お申し込み確定後の製作キャンセルは代金の全額をお支払いいただきます。
・ご注文代金は分割でのお支払いはできません。

 

▼お問い合わせ先

メールフォーム

直接メールでのお問い合わせ:info@kamenyaomote.com
※ご返信までお時間をいただく場合がありますので予めご承知おきください。

2018-08-13 | Posted in Custom-madeNo Comments » 

 

仮面屋おもての仮面・造形教室

仮面屋おもてでは、映像・舞台・イベントをはじめ、様々な分野に仮面・マスクの提供をしています。
ひとの顔をつくるためにはさまざまな造形の知識が必要で、独学で技術を磨くのは大変です。

 

「自分でも仮面をつくってみたい」「仮面づくりに関する技術を身に着けたい」

 

そういった要望にお応えして、仮面屋おもてでは仮面の制作教室を開講しています

スタジオの場所は仮面屋おもてのある京島からほど近い四ツ木地区。
工場が立ち並ぶ地域なので、音や周りへの影響を気にせず仮面制作に没頭できます。

ひとりひとりの進度に合わせた技術指導をしますので、造形経験のない方の受講も可能です。
また、FRP対応のスタジオですので、粉塵や匂い対策の一時制作拠点としての利用もできます。

仮面・マスクをつくりたい方はもちろんのこと、造形作家としてさらなるレベルアップをしたい方、
単に趣味を持ちたい方、都内では稀有な造形家のサロンとしても、ぜひご利用ください。

 

以下のような目的の方にお勧めです

 

・仮面作家を目指している。
・顔の造形がうまくなりたい。
・いろいろな素材が扱えるようになりたい。
・人体の構造について詳しくなりたい。
・仮面に関する知識を身に着けたい。
・ものをつくっている人と交流がしたい。
・ものづくりの技術を身に着けたい。

 

 

▼講座概要

受講者の希望に合わせて仮面の制作を支援します。FRP・木彫・張り子・石膏・粘土などあらゆる素材に対応しています。(皮革造形は現在対応しておりません。)
まずはカウンセリングを行い、制作の目的にあった技術指導をしていきますので、まったく造形の経験のない方でもOKです。

▼開催日

毎週日曜日12:00~18:00(時間内いつでも受講可)
(個別指導に関しては別日を設けられる場合がありますので、お問い合わせください。)

▼受講料

入学金30,000円
受講料チケット制
 1回券(当日販売) 5000円
 4回券(半年有効) 17,000円
 20回券(1年有効) 75,000円
※内容に応じて材料費別途

▼講師

水嶋裕一(studio dogtart主宰)

▼お申込み

お名前、ご住所、電話番号、メールアドレスを明記の上
info@kamenyaomote.com までご連絡ください。
また、どのような造形がしたいか簡単にご要望をお伝えください。
追って、カウンセリングの日程についてご連絡いたします。

▼開催場所

studio dog tart(東京都葛飾区東四つ木1‐16‐9 1F)
京成電鉄四ツ木駅より徒歩13分

2017-09-16 | Posted in Art mask studioNo Comments » 

 

仮面・お面の処分でお困りの方へ(仮面・お面の無料回収・処分)【仮面屋おもて】

もしも仮面・お面等の処分でお困りの方がおりましたら、当店に無料でお譲りください。責任をもって当店で再利用させていただきます。一口に仮面・お面といっても、様々なタイプのものがあります。「これはお面じゃないかも?」と思っても、ぜひご一報ください。

当店は仮面に関するあらゆる事業を行っており、必ずお持ちの仮面・お面を有効に再利用できることと思います。仮面・お面というのはなんとなく捨てにくいものです。お祓いなどをして、供養料を支払う前にぜひ当店にご連絡ください。古いお面も、現代で新しく生きなおすことができるはずです。

 

▼再利用の例
・販売
・再加工
・寄付
・イベント、舞台、映像、広告等での使用

 

▼引き取り可能なものの例
・能面、狂言面、神楽面
・獅子頭、郷土芸能のかぶりもの、狐面
・レトロ玩具、セルロイドお面、キャラクター面
・プロレスマスク(覆面)、ガスマスク、ベネチアンマスク、ペストマスク等
・ご自身でつくられたもの(アート作品、置き場所に困っている)
・出自のわからないもの(各地・各国の民芸品等)
・SM用マスク、各種プレイ用ラバーマスク
・ファッションショー使用済みヘッドドレス
・キャンペーン使用等の着ぐるみ、かぶりもの
・スポーツ用プロテクター、溶接用マスク等
・映画等のホラーマスク
・東洋、西洋甲冑類
・ドール用お面
・各種人形
※そのほか何でもご相談ください!

 

「こんなものでも大丈夫?」とお悩みの前に、まずはご連絡ください。引き取り以外にも、有効な使い道をご提案させていただいたりなど、個別にご対応いたします。

仮面屋おもて 大川原

2017-09-15 | Posted in RecycleNo Comments » 

 

映画『東京喰種トーキョーグール』

映画『東京喰種トーキョーグール』に仮面の提供協力をいたしました。

(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社

(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社

 

――

映画「東京喰種トーキョーグール」
映画公開日:2017年7月29日(土)

スタッフ
監督:萩原健太郎
原作:石田スイ
脚本:楠野一郎
製作総指揮:大角正企画
プロデュース:吉田繁晃

キャスト
窪田正孝/金木研(カネキ)
清水富美加/霧嶋董香(トーカ)
鈴木伸之/亜門鋼太朗
桜田ひより/笛口雛実
蒼井優/神代利世(リゼ)キャスト

作品概要
「週刊ヤングジャンプ」連載の石田スイによる人気コミックで、アニメ化もされた「東京喰種トーキョーグール」を実写映画化。人間社会に紛れ込んで人を喰らう怪人「喰種(グール)」たちがはびこる東京。事故で重傷を負った青年カネキは、一緒にいた喰種の少女リゼの臓器を移植されたことで半喰種になってしまう。人間でありながら人を食べることでしか生きられなくなったカネキは、人間と喰種の狭間で苦悩しながらも、喰種を駆逐しようとする人間たちとの戦いに巻き込まれていく。「MARS ただ、君を愛してる」の窪田正孝が主人公カネキを、NHK連続テレビ小説「まれ」の清水富美加がヒロインのトーカをそれぞれ演じる。これまで多くのCMやミュージックビデオを手がけてきた萩原健太郎監督がメガホンをとる。

2017-07-30 | Posted in WorksNo Comments »