Works

「顔」の買い取りを始めます。【プロジェクト「あの顔」】

このたび、仮面屋おもてでは「顔の買い取り」を始めます。

こちらをご覧ください。

こちらは、超リアルマスク「ザ・リアルフェイス」です。「ザ・リアルフェイス」は写真と3Dデータをもとに製作される超リアルマスクです。つまり、あなたの顔からもこのようなマスクをつくることができます。

これは完全受注生産品のため、製作には高額なお金が必要でした。このたび、仮面屋おもてで初回製作にかかるコストを負担することで、より安価にこのマスクを提供することができるようになりました。同じ顔を大量に製作する準備が整ったわけです。

新たなリアルマスクシリーズ、「プロジェクト「あの顔」」の始動です。

「プロジェクト「あの顔」」は、みなさまのご協力によって進化していきます。

 

 

あなたの顔を買い取らせてください。

あなたのお写真から、「あの顔」を製作します。

あなたの顔が、一般に流通します。

あなたと同じ顔をした人が、世界に増えていきます。

それをおもしろいと思うかどうかは、あなた次第です。同じ顔が増える、言ってしまえばただそれだけのことです。しかし、きっとワクワクするひとがいると思います。

顔を売り買いする。まるでSFのような話が現実になりました。あなたと同じ顔があふれた世界がどうなるのかは、まだ誰にもわかりません。

プロジェクト「あの顔」では、これからさまざまな人から採集した「顔」を販売する事業をはじめます。(一般小売価格:¥98,000(予定))

売るもよし、買うもよし。外から眺めるもよし。

「あの顔、どこかで見たな………」

そんなつぶやきが、現実味を帯びるようになるかもしれません。

 

 

あの顔リリース記念コンペ「顔、いちばんのり」

「あの顔」リリースにあたり、はじめに製品化する「あの顔」を募集します。
製品化の決まった顔の持ち主には、顔の買い取り料をお支払いいたします。

本コンペは、「あの顔 No.1」として販売する予定の、名誉ある?「あの顔」を決めるものです。ご応募いただいた顔は審査をいたします。

審査の結果、「なんとなくこの顔がNo.1だな」というかんじになった顔は、いちばんはじめに製品化されます。いちばんのりになった顔の持ち主には、その後の顔の提供にご協力いただきます。

顔の買い取りは今後、不定期での募集になる予定です。ぜひ、いちばんのりへのご応募、お待ちしております。

 

<募集要項>

期間:2020年10月14日~2020年11月14日
買い取り料:40,000円(顔データの改変・流通に関わる権利、マスク使用許諾契約等を含む)

<ご応募にあたって>

今回のご応募は都内在住者に限らせていただきます。
・代理の申請は受け付けません。必ずご自身でお申し込みください。
・コンペにて商品化が決まった場合、あらためて所定の手続きにご協力いただきます。
・「あの顔」の販売にあたり、顔以外の個人情報を公開することは絶対にありません。
・あらゆるメディアにおいて「あの顔」の持ち主としての公表をご遠慮いただきます。
・容姿の優劣を競うものではありません。
・20歳以下の方のご応募はできません。

<申し込み方法>

「顔、いちばんのり参加申し込み」というタイトルでinfo@kamenyaomote.com宛に、下記情報をお送りください。
・お名前
・ご住所
・連絡先メールアドレス/電話番号(日中連絡がつくもの)
・応募にあたっての意気込み

メールには、ご自身の正面写真を添付してください。(審査に通った際は、お送りいただいたお写真とは別に、別途撮影にご協力いただきます)

 

▼先行販売「割れ顔」No.0

先ほどからご紹介している「あの顔」は仮面屋の店主、大川原脩平の顔です。プロジェクト「あの顔」は匿名性を保持した顔を販売することを目的としますが、この顔はすでに「割れて」います。

「あの顔」の製品化に先立って、割れたお煎餅を安価に提供するがごとく、割れている顔を通常よりも安価で販売いたします。

※タレント事務所等で「割れ顔」の商品化をご希望の場合は、個別にお問い合わせください。:info@kamenyaomote.com

2020-10-14 | Posted in WorksComments Closed 

 

能面の販売について

仮面屋おもてでは、可能な限り広い範囲で「仮面」をお取り扱いしております。

中でも、もっともお問い合わせの多い分野のひとつが日本の「能面」「狂言面」です。タイミングによっては店頭にも並んでいる場合がありますが、どうしても陳列できる作品には限りがございます。

そのため、お探しの面がある場合は事前にお問い合わせいただければお取り寄せにてご対応できることがあります。

※お取り寄せにはお時間をいただく可能性がありますので、余裕を持ったお問い合わせをお願いしております。

また、お取り寄せの際には購入検討のご予算をお伺いすることがありますので予めご了承ください。

2020-02-07 | Posted in Shop information, WorksComments Closed 

 

籠球戦士アルファマン

https://www.koshigaya-alphas.com/news/detail/id=44508
2019-11-17 | Posted in WorksComments Closed 

 

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』

映画『東京喰種トーキョーグール【S】』に仮面の提供協力をいたしました。

(C)石田スイ/集英社 (C)2019「東京喰種【S】」製作委員会

なお、劇中に登場する仮面の製作や、個人のオリジナル製作依頼等はすべてお断りしております。

――

映画「東京喰種トーキョーグール【S】」
映画公開日:2019年7月19日

スタッフ
監督:川崎拓也/平牧和彦
原作:石田スイ
脚本:御笠ノ忠次
製作総指揮:大角正

キャスト
窪田正孝/金木研
山本舞香/霧嶋董香
鈴木伸之/亜門鋼太朗
小笠原海/永近英良
白石隼也/西尾錦

作品概要
「週刊ヤングジャンプ」で連載された石田スイによる人気コミックを原作に、窪田正孝主演で実写映画化された「東京喰種トーキョーグール」のシリーズ第2作。人間社会に紛れ込み、食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族「喰種(グール)」が潜む東京。あることをきっかけに半喰種になってしまった大学生のカネキは、人間と喰種の狭間で葛藤しながらも、喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカらとともに生活をしている。そんな中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」にやってくる。半喰種というカネキの特殊なにおいに目をつけた月山は、カネキを「グールレストラン」へと招き入れる。窪田が前作に引き続き主人公カネキを演じ、本作から登場する月山役を松田翔太、ヒロインのトーカ役を新たに山本舞香がそれぞれ演じる。

2019-07-23 | Posted in WorksComments Closed 

 

SWAG HOMMES(2019 SPRING/SUMMER ISSUE8) 「THE NEW ERA」

SWAG HOMMES(2019 SPRING/SUMMER ISSUE8)
「THE NEW ERA」
2019-04-03 | Posted in WorksComments Closed 

 

lantanaquamara 『ネオンテトラ追放』

2019-03-26 | Posted in WorksComments Closed 

 

LNoL 『EQUANIMITY (Poetry:RHYME)』

2019-02-23 | Posted in WorksComments Closed 

 

映画『天国でまた会おう』


映画『天国でまた会おう』公式タイアップとして、コラボレーション企画に弊店がご協力しております。

原作・脚本ピエール・ルメートル、脚本・監督・出演アルベール・デュポンテル。2018年のセザール賞13部門でノミネートされ、 脚色賞や監督賞など5部門で受賞した意欲作。

期間限定で日比谷シャンテ2F、3Fに仮面作家柴田景子による装飾美術を催すほか、朝日カルチャーセンター新宿教室での仮面作家白ふくろう舎によるワークショップ開催、TOKYO MASK FESTIVAL公式Twitterの仮装上映会ご招待キャンペーンなど、さまざまなコラボレーションを行っております。

仮面屋おもての大川原脩平による推薦コメントも掲載。

公式サイト
http://tengoku-movie.com/

タイアップ特設ページ
http://tengoku-movie.com/tie-up/

2019-02-09 | Posted in WorksComments Closed 

 

映画『東京喰種トーキョーグール』

映画『東京喰種トーキョーグール』に仮面の提供協力をいたしました。

(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社

(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社

 

――

映画「東京喰種トーキョーグール」
映画公開日:2017年7月29日(土)

スタッフ
監督:萩原健太郎
原作:石田スイ
脚本:楠野一郎
製作総指揮:大角正企画
プロデュース:吉田繁晃

キャスト
窪田正孝/金木研(カネキ)
清水富美加/霧嶋董香(トーカ)
鈴木伸之/亜門鋼太朗
桜田ひより/笛口雛実
蒼井優/神代利世(リゼ)キャスト

作品概要
「週刊ヤングジャンプ」連載の石田スイによる人気コミックで、アニメ化もされた「東京喰種トーキョーグール」を実写映画化。人間社会に紛れ込んで人を喰らう怪人「喰種(グール)」たちがはびこる東京。事故で重傷を負った青年カネキは、一緒にいた喰種の少女リゼの臓器を移植されたことで半喰種になってしまう。人間でありながら人を食べることでしか生きられなくなったカネキは、人間と喰種の狭間で苦悩しながらも、喰種を駆逐しようとする人間たちとの戦いに巻き込まれていく。「MARS ただ、君を愛してる」の窪田正孝が主人公カネキを、NHK連続テレビ小説「まれ」の清水富美加がヒロインのトーカをそれぞれ演じる。これまで多くのCMやミュージックビデオを手がけてきた萩原健太郎監督がメガホンをとる。

2017-07-30 | Posted in WorksNo Comments » 

 

XAI「WHITE OUT」ミュージックビデオ/映画『GODZILLA 怪獣惑星』主題歌

2017-02-08 | Posted in WorksNo Comments »